文責:えのもと接骨院長 榎本 裕志

最終更新日:2020年10月19日

腰椎分離症

・最も多くみられるのは成長期(10~15才)のスポーツ選手です

・一番の原因は腰の骨の疲労骨折です

・悪化すると、腰の痛みだけでなく、お尻・太もも・ふくらはぎに痛みやしびれが出ます

・10代の場合の特徴は、腰の痛みが急激に出てきます。

腰椎分離症は長時間立っていたり、激しいスポーツをしたりすると、強い痛みを感じます。10代前半のバスケットやバレーボール選手が、腰を反らして「強い痛み」が出たり、「背骨が階段状に変形」していたら、まず腰椎分離症を疑います。疲労骨折ではありますが、腰の奥の骨が割れている状態なので、早期発見と早期治療をしなければ、再び骨をくっつけることは難しいです。当接骨院オリジナルの施術法では、①コルセットで腰を安定させながら、マッサージ・鍼・灸で痛みを軽減させていきます。②腰に重要な太ももの筋肉と股関節を調節していきます。

分離症は腰だけを治療していてもなかなか改善しません。また、腰に電気治療・シップ・痛み止めでは、スポーツに復帰する時間が長引いたり、再発のリスクがあります。当接骨院では筋力強化・ストレッチなども丁寧にご案内させて頂きます。病院や他の接骨院・整骨院に通院していて、なかなか良くならない方、大事な試合に間に合わせたい方など、ぜひご相談ください。

受付時間

 
午前 -
午後 --

【平日】
午前9:00~12:00
午後15:00~19:00

【土曜】
午前9:00~12:00

【休診日】
日曜・祝日・土曜午後

所在地

〒443-0048
愛知県蒲郡市
緑町25-4
・蒲郡駅より徒歩18分
・23号バイパス蒲郡西インターから車で3分

0533-68-8891

受付時間・地図・お問合せ

PageTop